脳梗塞による半身麻痺と失語症の受給事例

query_builder 2020/06/29
障害年金の受給事例
脳梗塞 半身麻痺 失語症_R

障害の状態


病名 左脳梗塞
性別 女性(50代)

疼痛で軽労働以外の労働については常に支障をきたす。
失語症のため、うまく話すことができない。

申請結果 障害厚生年金3級 年額:約59万

ご相談までの経緯

業務中に突然意識不明となっているところを、同僚の方が発見し緊急搬送となりました。

病院では保存的治療を受け、退院後も現在まで右半身麻痺と失語症の障害が残り、リハビリを継続されています。

復職はむずかしく、また、失語症の影響でうまく話すこともできないため退職となり困っているところ、当事務所のホームページをご覧いただき、ご家族の方と一緒に申請の代行についてご相談に来られました。

申請結果

ご相談者様は失語症で会話が困難なため、ご家族の方と相談をさせていただき請求準備を進めました。

搬送された病院に継続して通われていたため診断書1枚で初診日の証明が可能でした。申請の要件はスムーズに確認が取れそうでしたが、診断書請求の段階で、肢体で診断書を取るか、失語症で診断書を取るかを検討する必要がありました。


ご相談者様の障害の程度としては、失語症の方が重いということでしたが、「併合」を視野に入れ、肢体および失語症、2枚の診断書を取得しました。 申請の結果は、併合認定には至りませんでしたが『障害厚生年金3級』に認定されました。

NEW

  • 一人でも多くの方に知ってもらいたい 令和2年度「わたしと年金」エッセイ のご紹介

    query_builder 2020/12/05
  • 脊髄動静脈奇形での受給事例(障害基礎年金2級)

    query_builder 2020/12/04
  • リビング福島で障害年金についてのコラムを掲載していただいています!

    query_builder 2020/12/02
  • 障害等級2級以上の方は申請漏れに注意!年金生活者支援給付金とは?

    query_builder 2020/11/19
  • 人工透析で20歳前の初診日証明が取れないとのご相談

    query_builder 2020/11/12

CATEGORY

ARCHIVE