年金手続きの押印が原則廃止となっています

query_builder 2021/01/07
ブログ
障害年金相談パートナーズ福島

令和2年12月25日より、年金手続きの申請・届出様式の押印を原則廃止することが公表されています。


ただし、金融機関へのお届け印、実印による手続きが必要なもの等の一部の手続きについては、引き続き押印が必要とのことです。  


引き続き押印が必要な届書は次のとおりです。 


・国民年金保険料口座振替納付(変更)申出書

・国民年金保険料口座振替辞退申出書

・委任状(年金分割の合意書請求用)

・公的年金等の受給者の扶養親族等申告書

・健康保険・厚生年金保険 保険料口座振替納付(変更)申出書

・船員保険・厚生年金保険 保険料口座振替納付(変更)申出書

・健康保険・船員保険・厚生年金保険 保険料口座振替納付(変更)申出書(ゆうちょ銀行用)

・健康保険・厚生年金保険 保険料預金口座振替辞退(取消)通知書

・船員保険・厚生年金保険 保険料預金口座振替辞退(取消)通知書

・健康保険・船員保険・厚生年金保険 保険料預金口座振替辞退(取消)通知書(ゆうちょ銀行用)


令和2年12月25日以降も、押印欄のある旧様式は使用が可能で、旧様式で提出する場合も、押印は必要いとのことです。 


令和2年12月25日より年金手続きの押印を原則廃止します(日本年金機構HP)

NEW

  • 緊急事態宣言を踏まえた障害年金更新手続きの特例措置について

    query_builder 2021/01/19
  • リビング福島で障害年金についてのコラムを掲載していただいています!

    query_builder 2021/01/13
  • 年金手続きの押印が原則廃止となっています

    query_builder 2021/01/07
  • 2021年 新年のご挨拶

    query_builder 2021/01/02
  • 年末年始のご相談について

    query_builder 2020/12/28

CATEGORY

ARCHIVE