障害年金の支給日(振込日)や初回の振込はいつになるのか解説します!

query_builder 2020/11/07
ブログ
障害年金 支給日 初回 振込日_R

障害年金のご相談をさせていただいていると、初回の相談時、申請時、受給決定時と様々なタイミングで、『年金は支払われるのはいつか?』とのご相談をいただきます。


ケガや病気で障害年金を受け取ることになったとき、障害年金が日常生活の支えになることも多いと思います。


そういった生活状況の中では、支給日を把握することはとても大切なことです。  


今回は、障害年金決定後の「支給日(振込日)」について解説します!

障害年金の支給日

疑問

障害年金の振込日はいつですか?

セミナー講師

はい。老齢・遺族・障害などの年金は原則偶数月の15日に2ヶ月分ずつ振り込まれます。


具体的には、4月・5月分は6月15日に、6月・7月分は8月15日に・・・、というように年金は後払いになります。


傷病手当金や生活保護費など他の公的給付が毎月支払われることが多いのに対して、年金は2ヶ月に一度です。


毎月振り込まれるわけではないので注意が必要ですね。

疑問

障害年金決定後最初の振込も同じですか?

セミナー講師

決定後の最初の振込どうなるのか、というと、決定日からおおよそ50日前後が目安となるようです。  


決定が9月末の決定であれば、おおよそ50日後である11月15日が初回支払いとなる可能性が高いと思われます。  


なお、年金決定後に何かしらの調整(他に年金を受けているなど)が必要な場合はさらに1ヶ月程度時間がかかる場合があります。

支給日が奇数月になるパターン

座ってる白馬

初回の振込時には、奇数月に振込まれることがあるのですね。

セミナー講師

そうですね。前の回答の中で原則偶数月の振込、とお話しました。  


ただし、本来の振込日に支払われていない年金がある場合は奇数月でも支払われることがあります。  


次のご相談者様の事例を見てみましょう。  


《事例》

障害年金申請日:令和2年4月10日事後重症請求※

受給権発生日:令和2年4月10日

裁定日(決定日):令和2年9月24日


年金は受給権(年金を受取る権利)発生日の翌月分から支払われます。  


今回のご相談者は、令和2年4月10日に受給権が発生しているので、令和2年5月分から支払われるということになります。


令和2年5月分は通常であれば、6月15日が振込日となりますが、その時点ではまだ年金が決定されていないため、当然ながら支払われることはありませんよね。  


支払われるのは、年金が決定された9月24日以降ということになりますが、直近の振込日である10月15日までは、20日程度しかないので間に合いません。


初回の振込は11月以降となります。  


このような場合、5月分~9月分が本来の振込日に支払われていない、振込が遅れている、ということになります。  


この本来の振込日に支払われていない年金がある場合は、奇数月でも支払われます。


今回のご相談者様の事例の場合、5月~9月分が11月15日に初回振込となり、これ以降は通常通りの偶数月の振込に戻ります。


つまりは、表の黄色で示したように、10月分と11月分が12月15日に振込まれることになります。


11月15日に支払うのであれば10月分も・・と思われるかもしれませんが、10月分は本来通り12月が振込日となりますのでご了承ください。  


※事後重症請求については過去ブログをご参照ください。

障害年金の請求方法にはどんなものがあるのか分かりやすく解説【動画解説あり】

その他の取扱

疑問

なるほど。奇数月でも支払われることがあるというのはこういうことだったんですね!事前に振込の連絡などはありますか?

セミナー講師

ご安心ください。事前に振込みの連絡はあります。


年金の決定の通知である「年金証書」とは別に、支払月の上旬に「年金振込通知書」等の支払いのお知らせが日本年金機構から送付されます。(共済組合へ手続きされた場合は「年金支払通知書」での案内になります。)  


そちらを見ていただくと「いつ」「どこの金融機関に」「いくら振り込まれるのか」を確認することができます。  


もし『早めに知りたい!』というときは、年金証書到着後に年金事務所やねんきんダイヤルなどへ問い合わせてみましょう。


振込額は、振込が確定しないと回答は難しいと思いますが、振込日時の目安は回答してもらえるのではないでしょうか。

疑問

もし、振込日の15日が土日祝祭日だった場合の取り扱いはどうなりますか?

セミナー講師

そうですね。たぶん予想されているのではないかと思いますが、年金は土日祝祭日には振り込まれません。


こういうと「金融機関の翌営業日の扱いになるでは?」と不安になるかもしれませんね。


でも、ご安心ください。年金は、前倒しで振り込みになります。


15日が土日祝祭日だった場合は、直前の平日が振込日に変更されますし、連休の場合も前倒しで振り込みになるので、なんとなく安心して休日や連休を過ごせるのではないでしょうか。

疑問

私以外の名義の口座へ振り込むことは可能ですか?病気が心配なので、家族に金銭の管理を任せたいのですが・・。

セミナー講師

残念ながら、ご本人様名義の口座以外には振り込むことはできません。


ただし、成年後見制度などを活用した場合は後見人口座への振込は可能です。

座ってる白馬

そうですか。障害年金の手続きは大変でしたが、無事受け取ることができそうで安心しました。いろいろとありがとうございました。

セミナー講師

どうだったでしょうか。  


今回は、障害年金決定後の「支給日(振込日)」についてご紹介いたしました。  


年金を受けるものにとって、年金の振込日は生活をする上で非常に重要になってくると思います。


振込は2ヶ月に1度なので、計画的に使うことも大切になってきます。


また、年金を受け取る資格があっても、必要な手続きを行わなければ、年金が支払われない、というようなこともあります。


例えば、氏名変更などをした場合、口座の名義と一致しなくなってしまい年金が振込まれなかった・・というようなこともあります。  


公的年金制度は複雑です。


年金の決定後は様々な通知や書類が送られてきますので、それらの内容を確認し、適切な対応を行う必要が出てくるでしょう。


もし、少しでも心配事や疑問がある場合は、できるだけ早く、年金事務所などの窓口や社会保険労務士などの専門家に相談してみましょう。  


当事務所では動画で障害年金の解説も行っておりますので、是非ご参考にしていただければと思います!

NEW

  • 障害等級2級以上の方は申請漏れに注意!年金生活者支援給付金とは?

    query_builder 2020/11/19
  • 人工透析で20歳前の初診日証明が取れないとのご相談

    query_builder 2020/11/12
  • 障害年金の支給日(振込日)や初回の振込はいつになるのか解説します!

    query_builder 2020/11/07
  • リビング福島で障害年金についてのコラムを掲載していただいています!

    query_builder 2020/11/06
  • 「年金について学ぼう」日本年金機構の年金制度について学べるページのご紹介

    query_builder 2020/11/05

CATEGORY

ARCHIVE